快楽亭ブラック 〜 映画・芝居・競馬ときどき落語

孤高の落語家にしてディープな日本映画評論家・快楽亭ブラックの情報を発信するブログです

トップニュース

■(2018.6.17)ブログ更新のお知らせ
 2018.6.5~6.15の記事をアップしました。



6月の快楽亭
9日の日本橋亭での会は、東京で初めて桂ぽんぽ娘が出演します。
あっし一押しの女流落語家でその下ネタはすごい。
大木もんじゃの打ち上げとともにお楽しみください。
15日はアワーズルームで竹内義和とトークライブ。22時からyoutubeで生中継します。
秋田の佐々木さん楽しみに見ててね。
16日は千日亭での毒演会。最近の大阪は大入り続きで大阪のほうがホームの感じ。
4月、5月に続いて前田五郎師匠はまた見に来てくれるのか?
17日は名古屋、お馬のおやこでの毒演会。
23日は上野広小路亭での毒演会。
今月から8月まで「牡丹燈籠」をリレーで口演する予定ですのでよろしくお願いします。
29日は上野広小路亭で「快楽亭ブラック・福田秀文二人会」
ブラックは時事下ネタを二席、映画評論家福田秀文は佐高信先生と時事放談です。お楽しみに。
打ち上げはちゃんと亭です。
そして30日は道楽亭でおなじみ、鈴木邦男先生との二人会。
月末は政治がらみの会が二夜連続。
福田秀文のMXTV「激論!サンデーCROSS」の出演は6月10日です。



■次回の旅行会は、
10月27〜28日。場所は雲仙です。
会費は3万円。
ご参加希望のお客様は6月中に落語会にご来場のおりブラックにお支払ください。



福田秀文のテレビ出演
次回出演日は決定次第お知らせします。
「激論!サンデーCROSS」 東京MXテレビ 日曜11:59~ のホームページ
http://s.mxtv.jp/variety/sunday_cross/
関東以外でもPC・スマホでMXの放送が見られるアプリ「エムキャス」
(見逃し再生機能はありません)
http://mcas.jp/app/





■(2016.9.3)毎日新聞にブラック師匠のインタビュー記事が掲載されました。
『人生は夕方から楽しくなる 落語家 快楽亭ブラックさん』
[→2016年9月2日夕刊掲載記事へ]


日映シネマガ 『新・黒色映画図鑑』
日本映画専門チャンネルの映画コラム 毎週水曜日正午更新です[→コチラ]


今後の公演日程 

 
 
2018年6月23日(土)快楽亭ブラック毒演会
2018広小路毒演会
[会場]お江戸上野広小路亭→[アクセス]
[時刻]開場17:30 開演18:00
[料金]2,500円
[お問合せ]ブラック 090-3542‐5021
※ご予約不要です。ふらっとお立寄りください。

◾️2018年6月29日(金)<緊急開催決定>快楽亭ブラック時事下ネタの会
20180629さたか
[出演]快楽亭ブラック ゲスト佐高信
 第1部 ブラック時事下ネタ2席
 第2部 時事放談

[会場]上野広小路亭
[時刻]18時開場18時30分開演。
[料金]当日2,500円 ブラック団2,000円


■快楽亭ブラック 毒演会in道楽亭■
特別企画「鈴木邦男氏と時事放談」

前回開催からちょうど一年。いろんなことがありました
わが日本はいったい何処に行こうとしているのでしょうか
ブラック師の濃~い落語を聴いたあと、憂国の士・鈴木邦男氏と
時局について語る会。おふたりの熱い熱いトークお楽しみに
前方をブラ坊さんが務めます

●2018年6月30日(土) 18:00開演(17:30開場)
●出演:快楽亭ブラック 鈴木邦男
●木戸銭:ご予約2500円・当日2800円
●終演後打上げあり(会費3500円/希望者のみ)
会場・新宿道楽亭
お電話でも受け付けます(留守電の場合あり)
03-6457-8366

2018年7月7日(土)快楽亭ブラック毒演会 in 大阪
2018大阪
[会場]千日亭 大阪市中央区千日前1-7-11上方ビル3F[map]
[時刻]開場12:30 開演13:00
[料金]2,500円
[問合せ]トリイホール06-6211-2506 ブラ坊090-8287-8119
※ご予約不要です。ふらっとお立寄りください。
※以降の予定 8月11日(土)、9月8日(土)、10月13日(土)、11月3日(土)

2018年7月8日(日)月例快楽亭ブラック毒演会
ブラック18の7月までおうま
[出演]快楽亭ブラック
[時刻]開場13:30 開演14:00
[料金]2,500円(当日のみ)
[会場]お馬のおやこ(名古屋市中区大須2-11-5)
[お問合せ]名古屋快楽亭の会
080-4966-8613、kblack.nagoya@gmail.com

2018年7月16日(月)快楽亭ブラックたった一人会
20180716たった一人会
[会場]らくごカフェ[→こちら]
[時刻]開場13:30 開演14:00
[木戸] 2,000円 ブラック団1,500円
[お問合せ]らくごカフェ 03-6268-9818

◾️2018年7月21日(土)ブラックカンパニイ presents ”濃い味演芸会”「快楽亭ブラック・寒空はだか二人会〜Black and Naked」
紹介動画 

https://www.youtube.com/watch?v=3hJmUlSlW4M&feature=youtu.be
[会場]甘棠館Show劇場 → アクセス
  福岡市中央区唐人町1丁目10−1 カランドパーク 2F09
  (福岡市営地下鉄空港線 唐人町下車 唐人町商店街内)
[出演]快楽亭ブラック・寒空はだか
[時刻]14:00開演 (開場13:30)
[料金]3,500円(前売り・予約) 3,800円(当日)
[チケット取扱い]
 ローソンチケット → ご予約
 (TEL:0570-084-008) (Lコード:82169)
Facebook →  コチラ [ご予約・お問い合わせ]
 090-5025-4407(柴田)
 hiroki_shibata_jp@yahoo.co.jp
*小学生以下入場不可

2018年8月13日(月)三越前名人会
三越前
[出演]快楽亭ブラック・前田五郎・鈴々舎馬るこ・春風亭ぴっかり☆・桂宮治
[会場]]お江戸日本橋亭[アクセス]
[時刻]17:30開場 18:00開演
[木戸]木戸 3,000円 ブラック団2,000円
[お問合せ]090-8287-8119 ブラ坊

2018年8月15日(水)カルト寄席プレミアム1
20180815カルト1
[出演]快楽亭ブラック・前田五郎・大本営八俵・若林美保
[会場]お江戸日本橋亭→[アクセス]]
[時刻]開場11:30 開演12:00
[木戸] 3,500円 昼夜通し6,000円(ブラック団5,000円)
[お問合せ]090-8287-8119 ブラ坊

2018年8月15日(水)カルト寄席プレミアム2
20180815カルト2
[出演]快楽亭ブラック・前田五郎・鳥肌実・鈴々舎馬るこ・春風亭ぴっかり☆・牧瀬茜
[会場]お江戸日本橋亭→[アクセス]]
[時刻]開場17:30 開演18:00
[木戸] 3,500円 昼夜通し6,000円(ブラック団5,000円)




■大須演芸場 最後のトリ動画(2.7.2014)
わたくし快楽亭ブラックがトリを務めました、大須演芸場強制執行日の高座。動画を公開いたしました。

http://www.youtube.com/watch?v=4bA-0fsr6o8
高須院長の助成を予言か!?
  1. 2018/12/31(月) 12:00:00|
  2. その他
  3. | トラックバック:1

通 販 案 内

■最新作情報■
 ミュージックテイト、ヨーロー堂、タクト他ブラックが出演する全ての公演で発売します。

■通販対応商品■
 以下の商品も通販対応致します。
 購入を御希望の方はブラ坊に電話、メール(いずれもこのページ、中ほどに掲載しております)でお申し込みの上、指定の口座に代金をお振り込みください。

CD
・謎の落語家 瀧川九鯉トリス  「時事放談」「道具屋・松竹篇2016年」
・毒演会4~浮雲~長講一席「吉住万蔵」収録 2,000円
・マル珍「スカトロ大全集」  転失気/法華長屋 ¥1500-
・マル禁10「ブラック/馬るこ2」「落語暴露本の世界」(馬るこ)「(ブラ房の)厩火事」(ブラック) ¥1500-
・マル禁9続ブラック・馬るこ二人会「ブラック小僧」(馬るこ)「寄生獣」(ブラック) ¥1500-
・マル禁8「新・皇室アルバム」「オナニー指南 2014」 ¥1500-
・マル禁7「お血脈・2014」「厩火事・裏」 ¥1500-
・マル狂 元気いいぞうの気●いソングとブラックの「ろくろ首」 ¥1500-
・快楽亭ブラック毒演会「転宅」「宿屋の仇討」 ¥2000-
・快楽亭ブラック毒演会2「盃の殿様」「けんげしゃ茶屋」 ¥2000-
・快楽亭ブラック毒演会3「居残り左平次」 ¥2000-

DVD
・落語対決 快楽亭ブラックVS立川キウイ ¥3000-

※ 謎の落語家瀧川九鯉トリスとは…
 落語芸術協会の小さな巨人、瀧川鯉朝の弟子でありながら芸協に所属せず、気が向いたときに魔界から現れて落語を口演する、国籍、性別、年齢不詳の落語家。
 魔界の住人なので放送コードを気にせずに語るその芸風は超過激で落語会の異端児、快楽亭ブラックをはるかにしのぐと噂される。
  1. 2018/12/31(月) 10:00:00|
  2. その他
  3. | トラックバック:0

お 知 ら せ

【公演問い合わせにつきまして】
■電話受付
快楽亭ブラ坊 090-8287-8119
留守電に切り替わった際には「お名前/枚数/ご連絡先電話番号」をお残しください。
メッセージを残していただいた時点で、予約は完了でございます。

■Eメール受付
メールタイトルに「日時・公演名」  本文に「お名前・枚数・ご連絡先電話番号」
をご入力の上、次のアドレスまで送信をお願いいたします。
快楽亭ブラック 公演予約
info.kairakutei@gmail.com
[コチラ]←をクリックしていただくとメールフォームが開きます。

ご愛読ありがとうございます。ブログに関するご意見・ご感想、快楽亭ブラックへの依頼などございましたら、次のアドレスまでメールを頂けますと幸いです。


info.kairakutei@gmail.com
  1. 2018/12/31(月) 09:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:1

18年6月15日

毎月恒例、大阪・名古屋毒演会ツアーの為6:40の高速バスで大阪へ。
3時過ぎに大阪駅に着いて定宿の東横イン通天閣前にチェックイン。

夜はアワーズルーム(Hourz Room)でトークライブ。
今日はピンク映画の話をしようと資料を用意して貰ったが、初めから脱線して大暴走、一体どこまで行くかわからない展開でしゃべって面白いのなんのって。
最後はなんとかピンク映画ネタに落ち着いたが、このトークライブ、全国の人に見せて上げたかったなあ。
  1. 2018/06/15(金) 17:22:35|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

18年6月14日

ラピュタ阿佐ヶ谷のモーニングショー。
大映「黒」シリーズ特集を見に行く。
「黒の挑戦者」
女にもてて空手の達人という弁護士、田宮二郎が死者から依頼された殺人事件の謎を解く話。
日本映画全盛期によくあったスター活劇、退屈。

自宅に戻りユメスケ師からの誕生祝、加島屋セットを受取る。
せっかくのご馳走も明日から旅の為すぐ食べられないのが残念。
冷凍庫で保存、再びラピュタへ。

「暗黒街の弾痕」
捕鯨師の加山雄三が兄の交通事故死に隠された謎を解くのを、親友・佐藤充と刑事・三橋達也が助ける岡本喜八アクションでこれは楽しめた。
  1. 2018/06/14(木) 17:13:42|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

18年6月13日

柳川へ行き舟下り、そしてうなぎを食べる。
あっしの贔屓の若松屋が定休日なのは残念でした。

4時の飛行機で成田へ戻りましたとさ。

  1. 2018/06/13(水) 17:10:28|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

18年6月12日

一日中博多座で生歌舞伎。

まずは昼の部
「伊達の十役」
幸四郎の襲名披露狂言で白鸚・仁左衛門・梅玉・魁春・鴈治郎が付き合う「伊達の十役」史上もっとも豪華なキャスティング。
仁左衛門の八汐が圧巻、それに負けないよう幸四郎の政岡も素晴しく、博多まで見に来た甲斐があった。

いつものように一蘭本店でラーメンを食べてから夜の部へ。

「俊寛」
仁左衛門の俊寛はもちろん文句なし。
弥十郎の瀬尾も憎々しいが、梅玉の丹左衛門がいけません。
もっと強くセリフを張らないと盛り上がらないのだ。

「口上」
「伊達の十役」の最後でお茶目な面を出した梅玉がはじけてくれるかもと思ったら、普通なのでがっかり。
「魚屋宗五郎」
白鸚の宗五郎、酒を飲むところが巧い。
他の役者だと段取りになってしまうところをリアルに見せた。
But酔ってからの芝居は、目にマジで狂気が宿り、その中でもしっかりと妹への愛を伝えた芝翫の方に軍配を上げたい。
「春興鏡獅子」
幸四郎は弥生と獅子の精、共に結構。
胡蝶の精の宗之助、かつて「文七元結」のお久を演じさせたら日本一だったが、さすがに年齢は隠せず、見ていてチトつらかった。

終演後は小川巡査部長と彼女、それに右若君と市川段之と鉄鍋餃子で一杯。
初めて飲んだ段之の面白いのなんのって。
3時間半彼の独演会を聞いているようなもの。
イヤー、笑った。
  1. 2018/06/12(火) 16:41:20|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

18年6月11日

今日から2泊3日の博多ツアー。
いつもは八広駅まで歩くが、雨なので東武で牛田まで行き、歩いて京成関屋、高砂でアクセス特急に乗り換えて成田着。
8:40のジェットスターで博多へ。

まずは雨の太宰府天満宮へお詣りして梅ヶ枝餅を食べ天神に戻ってお馴染みの平和楼で昼から1杯、小川巡査部長と待ち合わせて車で休暇村志賀島へ送って貰い、貯めていたポイントで夏フグと活イカ会席というリッチな夕食でした。
  1. 2018/06/11(月) 16:32:29|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

18年6月10日

東京MX「激論!サンデーCROSS」3回目の出演打ち合わせで、ゲスト・黒鉄ヒロシ先生の博学に怖れいる。
あっしとは教養の深さが違う。

しかし本番では、あっしのライフワークの朝鮮半島問題なので今までにない雄弁で笑いもたくさん取った。

黒鉄先生に誘われて本番後に一杯、ここでの話の方が本番よりずーっと盛り上がった。
  1. 2018/06/10(日) 16:27:44|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

18年6月9日

お江戸日本橋亭での演芸会。
「明烏」
先日道楽亭で口演予定もブラ坊の妨害によって出来なかったネタが出来て大満足。

打ち上げは大木もんじゃで。
他の出演者は全員大木もんじゃ初体験で大満足してくれて良かったが、打ち上げだけ参加予定の痴かし師匠、お姉さまの死亡によって来れず。
その為本日も赤字公演となった。

これで最近の自主公演は4連続の赤字。
この負のスパイラルを何とかせねば生活の危機だ。
  1. 2018/06/09(土) 17:28:42|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

18年6月8日

久し振りにSM倶楽部抜志で塩責めプレイ。

それから雑用を2件片付けてからスバル座へ。
「海を駆ける」
退屈ではないし不快でもない。
でも何を訴えたいのか、まるでわからない。
難解ホークスですなあ。
  1. 2018/06/08(金) 17:29:20|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

18年6月7日

春にお世話になった高知競馬の橋口アナの奥さんの誕生祝いに菜の花の夏みかんゼリーを贈るべく小田原へ。

今日はそれだけ。
  1. 2018/06/07(木) 16:17:55|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

18年6月6日

今日から梅雨らしい。
まずはテアトル試写室で、
「寝ても覚めても」
女子大生の頃の同棲相手・東出昌大がある日突然いなくなり、OLになった後で東出と同じ顔の男(二役)と愛し合い婚約したところへ、スターになった同棲相手が現れるという話。
あっしのツボにはまった。
東日本大震災の使い方が巧いし、女の不条理さを見事に描いている。
もうちょっとエロかったら文句無いのだが。

夜は巨乳悪女と歌舞伎座デート。
「夏祭浪花鑑」
吉右衛門の団七九郎兵衛は年齢から行ってもこれが最後か。
もちろん悪くはないが、勘三郎のコクーン版を観た後では型通りの芝居に見えてしまう。
歌六の三婦は良いのだが、この優が義平次を演じた方がもっと盛り上がるのではないか。
「巷談宵宮雨」
先代勘三郎が7回も演じた中村屋のお家芸なのに、勘三郎が嫌がって一度も龍逹を演じなかった為に24年振りの上演となった。
この芝居を上演してくれた芝翫にまず感謝。
芝翫の龍逹、松緑の太十、雀右衛門のおいちのチームワークがとれていて楽しめる怪談噺となった。
せめて5年に1度は観たい芝居だ。

終演後はなぎの木で中村橋吾君と飲む。
話が楽しくて終電近くまでとなった。
  1. 2018/06/06(水) 16:01:37|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

18年6月5日

TOHOシネマズ日本橋で新作を2本。
「50回目のファーストキス」
難病物+メロドラマだが、福田雄一監督らしく登場人物一人一人にキャラが立ち笑わせる。
But1日しか記憶が無い長澤まさみに家族が何故毎日同じ日を演じ続けるのかがさっぱりわからない。
山田孝之の会社の女子社員・山崎紘菜が可愛い。
東宝は何故彼女主演の映画を作らないのか?!
「友罪」
瀬々敬久監督はピンク映画時代から見ているが、いつまでも映研気分が抜けない素人だと思っていたが、ようやくプロっぽくなってきた。
登場人物のほとんどが心に傷を持っていて、身につまされる。
個人的には富田靖子に魅力を感じてしまう。
  1. 2018/06/05(火) 16:01:33|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

18年5月25日

牧瀬茜との二人会の為、7時30分の新東名ライナーで名古屋へ行く。

着いて即岐阜へ行き、ロイヤル劇場へ。
「無宿人御子神の丈吉 川風に過去は流れた」
笹沢佐保原作、原田芳雄主演のニュー股旅映画。
展開がスピーディーであきさせない。
オカマ役が多い梅津栄が不気味な殺し屋なのが珍しい。

夜はライブハウス得三での二人会。
大入りなのがうれしい。
「野ざらし」
得三はライブハウスなので音響が良く、ついつい歌いたくなってしまう。
気分良く歌えました。
「井戸の茶碗」
 得三では落語慣れしていないお客さんが多いので定番ネタが多くなってしまう。そこで今回は得三では口演していないネタを。お客さんがついてきてくれたので助かった。

トリの牧瀬茜を見に、御園座出演中の市川男女蔵が来てくれて、打ち上げが盛り上がった。
  1. 2018/05/25(金) 22:12:59|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

18年5月24日  

今日のテーマは寺島しのぶ母子を見ること。

まずはテアトル新宿で。
「オー・ルーシー」
 南果歩と寺島しのぶの超仲の悪い姉妹がアメリカへ行くロードムービー。
寺島しのぶがカーSEXシーンを熱演。
母になっても守りに入ってなく、常に挑戦しているのが良い。
 
それから歌舞伎座夜の部へ。
「白浪五人男」
 弁天の菊五郎、左団次の南郷が揃って元気なのがうれしい。
海老蔵の駄右衛門、大先輩の貫録に負けない芸格の大きさを示す。
特筆するのは橘太郎の番頭の巧さ。
当代一だ。

「菊畑」
ただただ退屈な芝居を大嫌いな松緑が主役でやるのだからいやになる。
昔のように芝居茶屋があれば、この幕はパスして酒を飲んでいたぞ。

「喜撰」
菊之助の喜撰法師に時蔵のお梶での踊り。
特に言うことなし。

終演後に巨乳悪女と三ノ輪のままやに行けばショックな事が待っていた。
この店、8月10日で閉店だって。
女将の年を考えたらそろそろかなと予感はあったが、これから精々通わねば。
  1. 2018/05/24(木) 22:09:26|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

18年5月23日

ラピュタ阿佐ヶ谷で岡本喜八得意の戦争ものを3本。

「どぶ鼠作戦」
「独立愚連隊」シリーズ3作目。
これ以降は他の監督になり、何よりも命が大切という岡本喜八のメッセージが消え、普通の戦争アクションになってしまう。

「遊撃戦 老兵は死なず」
ゲストは伊藤雄之助だが退屈なのは岡本喜八は脚本、監修のみで監督をしていないせいか。

「激動の昭和史 沖縄決戦」
新藤兼人の脚本、岡本喜八監督で沖縄戦の全てをよくぞ描いた。
沖縄県民こぞって軍と共に戦い、人口の3分の1が死んだのに、そんな人たちに対して「土人」という奴等は鬼畜だ。
  1. 2018/05/23(水) 22:06:23|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

18年5月22日

今日の一食 「馬菜 馬肉重980円」
以前から気になっていた有楽町ガード近くの熊本馬肉専門店だが、とにかく高い。
ランチメニューでも2千円台、3千円台が当たり前なので貧乏人根性が抜けないあっしには縁のない店とあきらめていたが、オークスで勝って気が大きくなっているところへ、1470円の馬肉重が今だけ980円の看板を見ては行かない訳にいかない。
ご飯の上に馬刺と馬ユッケが乗っているだけだが、この馬刺がとろけるように軟らかい。
人生で最高の馬肉。
初めて肉のすずきへ行った時の感動が蘇った。
夜の部は馬すき焼き一人前5千円台とちと高いが、焼馬と馬握りならなんとかなりそうだ。

ランチの後は東京試写室へ。
「恋は雨上がりのように」
女子高生、小松菜奈がさえないファミレス店長、大泉洋に恋する物語。
登場人物に一人も悪意の人間がいないのがまず嘘っぽい。
小松菜奈にコクられてやらない大泉洋はインポか? 

その後はシネマヴェーラ渋谷でファッション映画特集を1本。
「白い悪魔」
偶然こちらも中年男と女子高生の愛の物語。
森雅之はかつて愛した女の遺児、野添ひとみが孤児になったので預かり父娘として接するが、彼女は森を愛するようになる。
しかし、森はその愛を受け入れない。
やけになった野添はたいして好きでもない同年代の小林旭と駆け落ちしようとする。
森は野添を奪い返して二人は結ばれる。
こっちの方が綺麗事でなく、真実をついている。
  1. 2018/05/22(火) 22:02:59|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

18年5月21日

今週は歌舞伎ウイーク、まず今日は歌舞伎座昼の部へ。

「雷神不動北山櫻」
 海老蔵が主役、そして歌舞伎十八番の内「毛抜」「鳴神」「不動」の三つが入り、他にもアクロバチックな立ち廻りや空中浮遊が有りと、古典歌舞伎で有りながらわかりやすく現代に通じる立派なエンタテイメントになっている。

「女伊達」
 時蔵の踊り、吉原を舞台にしているのに時蔵にからむ男伊達の名が中ノ島に淀川と大阪の地名なのは何故?
  1. 2018/05/21(月) 22:01:49|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

18年5月20日

オークスを生観戦すべく東京競馬場へ。
なんとかA指定席をゲット。
今日はアーモンドアイの勝ちっ振りを見に来た。
他の馬の馬券を買うのはもったいないのでメインレースまではじっと我慢の子であった。

パドックで馬体を確かめた後、単勝をドドーンと勝負。
前走と違い、今回は好位6番手から直線早目に先頭に立つ余裕の競馬で大勝利。
これで5月のイヤな想いが全て吹っ飛んだ。バンザーイ!

競馬の後は林TMと第2鷹丸で一杯、イヤ―、気持ち良く酔えました。
  1. 2018/05/20(日) 21:59:31|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
次のページ

二代目快楽亭ブラック

発売中

著作
『立川談志の正体: 愛憎相克的落語家師弟論』
¥1,680(税込)/彩流社
『歌舞伎はこう見ろ!―椿説歌舞伎観劇談義』
¥1,995(税込)/彩流社
『快楽亭ブラックの放送禁止落語大全2』(CD付)
¥1,800(税込)/洋泉社
『快楽亭ブラックの放送禁止落語大全』(CD付)
¥1,785(税込)/洋泉社
『借金2000万円返済記』
¥1,300(税込)/ブックマン社
『日本映画に愛の鞭とロウソクを―さらば愛しの名画座たち』
¥1,575(税込)/イーハトーヴ出版

DVDシリーズ
※各巻ともに価格は税込3,990円です。
『快楽亭ブラック 放禁王』 「全女番」「紀州飛脚」「文七ぶっとい」収録
『快楽亭ブラック 猥褻犯』 「山田洋次作・まむし」「人性劇場」「聖水番屋」収録
『快楽亭ブラック 大迷人』 「次の御用日」「権助魚」「英国密航」収録
『快楽亭ブラック 不敬罪』 「オナニー指南」「オマン公社」「イメクラ五人廻し」収録
『快楽亭ブラック 非国民』 「道具屋・松竹篇」「紀子ほめ」「マラなし芳一」収録
『快楽亭ブラック 破廉恥』 「川柳の芝浜」「カラオケ寄席」「一発のオ○ンコ」収録
『快楽亭ブラック 大変態』 「蛙茶番」「野ざらし」「SM幇間腹」収録
『快楽亭ブラック 不発弾』 「お血脈」「たがや」「反対俥」収録
『快楽亭ブラック 交尾期』 「目黒の秋刀魚」「怪獣忠臣蔵」「タイムヌードル」収録
『快楽亭ブラック 埋蔵金』 「せむし茶屋」「朝鮮人の恩返し」「川柳川柳のジャズ息子」「演歌息子」収録

■CD全集シリーズ
ブラック落語全集「借金男」(1~10)、「下ネタ」(1~4)、「毒落語」(1~)など、各シリーズ絶賛発売中です!

【お取り扱い】
・ブラック公演会場
ミュージックテイト西新宿店
浅草ヨーロー堂
・横浜ジョイナス新星堂
タワーレコード渋谷店
池袋東武百貨店内CDショップ五番街市原栄光堂(京都)
神田神保町 タクト など

ブログ検索

プロフィール

関連リンク

最近のトラックバック

お問い合わせ