快楽亭ブラック 〜 映画・芝居・競馬ときどき落語

孤高の落語家にしてディープな日本映画評論家・快楽亭ブラックの情報を発信するブログです

16年10月28日

「疵千両」(ラピュタ阿佐ヶ谷)
だいぶ前にテアトル新宿で見て以来だ。
長谷川一夫主演なので通俗娯楽時代劇かと思ったら、長谷川伸原作らしからぬハードで重厚な文芸時代劇で、伊福部昭の音楽が作品にさらに深みを加える。
長谷川一夫を仇と狙う小林勝彦は先代・市川段四郎の隠し子で、この映画を見ても若き日の 市川猿翁(彼の異父兄)にそっくりだ。
小林勝彦は家元の友達だったので、生きているうちにもっと話を聞いておくんだったと悔やまれた。

「貌斬り」(テアトル試写室)
長谷川一夫顔斬り事件に興味を持った我が友・細野辰興監督がそれを三重構成ドラマの劇中劇として映画化した作品も、悪あがきしているようにしか見えないし、小理屈が小賢しい。
長谷川一夫事件にこだわるなら、本にすれば良いのに・・・。

「ジェイソン・ボーン」(TOHOシネマズ日本橋)
口直しに単純明快アクションが見たくなったら、物語のスピードが早過ぎて役者が演技しているひまがまるでない。
口直しにならなかったので、もう一本お代わり!

「闇金ウシジマくん/ザ・ファイナル」(TOHOシネマズ日本橋)
こちらは面白い。中学時代のウシジマのエピソードも良し。
ウシジマ君に金を借りたカリスマ女美容師が金を返さず逃げ切ったのだけが残念。
細野辰興は本来こういう映画を作る人だったのに。
「大極道戦争・しばいたれ」の頃に戻って欲しい!
  1. 2016/10/28(金) 13:26:55|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kairakuteiblack.blog19.fc2.com/tb.php/4016-883bec75
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

二代目快楽亭ブラック

発売中

著作
『立川談志の正体: 愛憎相克的落語家師弟論』
¥1,680(税込)/彩流社
『歌舞伎はこう見ろ!―椿説歌舞伎観劇談義』
¥1,995(税込)/彩流社
『快楽亭ブラックの放送禁止落語大全2』(CD付)
¥1,800(税込)/洋泉社
『快楽亭ブラックの放送禁止落語大全』(CD付)
¥1,785(税込)/洋泉社
『借金2000万円返済記』
¥1,300(税込)/ブックマン社
『日本映画に愛の鞭とロウソクを―さらば愛しの名画座たち』
¥1,575(税込)/イーハトーヴ出版

DVDシリーズ
※各巻ともに価格は税込3,990円です。
『快楽亭ブラック 放禁王』 「全女番」「紀州飛脚」「文七ぶっとい」収録
『快楽亭ブラック 猥褻犯』 「山田洋次作・まむし」「人性劇場」「聖水番屋」収録
『快楽亭ブラック 大迷人』 「次の御用日」「権助魚」「英国密航」収録
『快楽亭ブラック 不敬罪』 「オナニー指南」「オマン公社」「イメクラ五人廻し」収録
『快楽亭ブラック 非国民』 「道具屋・松竹篇」「紀子ほめ」「マラなし芳一」収録
『快楽亭ブラック 破廉恥』 「川柳の芝浜」「カラオケ寄席」「一発のオ○ンコ」収録
『快楽亭ブラック 大変態』 「蛙茶番」「野ざらし」「SM幇間腹」収録
『快楽亭ブラック 不発弾』 「お血脈」「たがや」「反対俥」収録
『快楽亭ブラック 交尾期』 「目黒の秋刀魚」「怪獣忠臣蔵」「タイムヌードル」収録
『快楽亭ブラック 埋蔵金』 「せむし茶屋」「朝鮮人の恩返し」「川柳川柳のジャズ息子」「演歌息子」収録

■CD全集シリーズ
ブラック落語全集「借金男」(1~10)、「下ネタ」(1~4)、「毒落語」(1~)など、各シリーズ絶賛発売中です!

【お取り扱い】
・ブラック公演会場
ミュージックテイト西新宿店
浅草ヨーロー堂
・横浜ジョイナス新星堂
タワーレコード渋谷店
池袋東武百貨店内CDショップ五番街市原栄光堂(京都)
神田神保町 タクト など

ブログ検索

プロフィール

関連リンク

最近のトラックバック

お問い合わせ