快楽亭ブラック 〜 映画・芝居・競馬ときどき落語

孤高の落語家にしてディープな日本映画評論家・快楽亭ブラックの情報を発信するブログです

18年5月22日

今日の一食 「馬菜 馬肉重980円」
以前から気になっていた有楽町ガード近くの熊本馬肉専門店だが、とにかく高い。
ランチメニューでも2千円台、3千円台が当たり前なので貧乏人根性が抜けないあっしには縁のない店とあきらめていたが、オークスで勝って気が大きくなっているところへ、1470円の馬肉重が今だけ980円の看板を見ては行かない訳にいかない。
ご飯の上に馬刺と馬ユッケが乗っているだけだが、この馬刺がとろけるように軟らかい。
人生で最高の馬肉。
初めて肉のすずきへ行った時の感動が蘇った。
夜の部は馬すき焼き一人前5千円台とちと高いが、焼馬と馬握りならなんとかなりそうだ。

ランチの後は東京試写室へ。
「恋は雨上がりのように」
女子高生、小松菜奈がさえないファミレス店長、大泉洋に恋する物語。
登場人物に一人も悪意の人間がいないのがまず嘘っぽい。
小松菜奈にコクられてやらない大泉洋はインポか? 

その後はシネマヴェーラ渋谷でファッション映画特集を1本。
「白い悪魔」
偶然こちらも中年男と女子高生の愛の物語。
森雅之はかつて愛した女の遺児、野添ひとみが孤児になったので預かり父娘として接するが、彼女は森を愛するようになる。
しかし、森はその愛を受け入れない。
やけになった野添はたいして好きでもない同年代の小林旭と駆け落ちしようとする。
森は野添を奪い返して二人は結ばれる。
こっちの方が綺麗事でなく、真実をついている。
  1. 2018/05/22(火) 22:02:59|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kairakuteiblack.blog19.fc2.com/tb.php/4589-544e69fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

二代目快楽亭ブラック

発売中

著作
『立川談志の正体: 愛憎相克的落語家師弟論』
¥1,680(税込)/彩流社
『歌舞伎はこう見ろ!―椿説歌舞伎観劇談義』
¥1,995(税込)/彩流社
『快楽亭ブラックの放送禁止落語大全2』(CD付)
¥1,800(税込)/洋泉社
『快楽亭ブラックの放送禁止落語大全』(CD付)
¥1,785(税込)/洋泉社
『借金2000万円返済記』
¥1,300(税込)/ブックマン社
『日本映画に愛の鞭とロウソクを―さらば愛しの名画座たち』
¥1,575(税込)/イーハトーヴ出版

DVDシリーズ
※各巻ともに価格は税込3,990円です。
『快楽亭ブラック 放禁王』 「全女番」「紀州飛脚」「文七ぶっとい」収録
『快楽亭ブラック 猥褻犯』 「山田洋次作・まむし」「人性劇場」「聖水番屋」収録
『快楽亭ブラック 大迷人』 「次の御用日」「権助魚」「英国密航」収録
『快楽亭ブラック 不敬罪』 「オナニー指南」「オマン公社」「イメクラ五人廻し」収録
『快楽亭ブラック 非国民』 「道具屋・松竹篇」「紀子ほめ」「マラなし芳一」収録
『快楽亭ブラック 破廉恥』 「川柳の芝浜」「カラオケ寄席」「一発のオ○ンコ」収録
『快楽亭ブラック 大変態』 「蛙茶番」「野ざらし」「SM幇間腹」収録
『快楽亭ブラック 不発弾』 「お血脈」「たがや」「反対俥」収録
『快楽亭ブラック 交尾期』 「目黒の秋刀魚」「怪獣忠臣蔵」「タイムヌードル」収録
『快楽亭ブラック 埋蔵金』 「せむし茶屋」「朝鮮人の恩返し」「川柳川柳のジャズ息子」「演歌息子」収録

■CD全集シリーズ
ブラック落語全集「借金男」(1~10)、「下ネタ」(1~4)、「毒落語」(1~)など、各シリーズ絶賛発売中です!

【お取り扱い】
・ブラック公演会場
ミュージックテイト西新宿店
浅草ヨーロー堂
・横浜ジョイナス新星堂
タワーレコード渋谷店
池袋東武百貨店内CDショップ五番街市原栄光堂(京都)
神田神保町 タクト など

ブログ検索

プロフィール

関連リンク

最近のトラックバック

お問い合わせ