快楽亭ブラック 〜 映画・芝居・競馬ときどき落語

孤高の落語家にしてディープな日本映画評論家・快楽亭ブラックの情報を発信するブログです

17年3月23日

「伊賀越道中双六」
国立劇場でのこの演目の通し狂言の目玉は、普段歌舞伎ではカットされる「岡崎」を復活上演させた事だが、この「岡崎」が酷いのだ。
主人公、唐木政右衛門が仇の行方を知る為に、旅先で出逢った我が子(乳児)の首を刺して殺し、その死体を投げ捨てる。
歌舞伎では親による子殺しがよく描かれるが、その中でも最低、最悪の子殺しだ。
文楽では上演しても歌舞伎では上演してこなかったのは歌舞伎界の見識だったのに、それを復活させた国立劇場、中村吉右衛門、そしてそれを喜んで観ている奴等の罪は重い。
もうこの芝居は二度と観ないぞ!

夜は新宿二丁目道楽亭別館で川柳師の生誕祭のゲスト。
左談次兄、先代橘家円蔵そっくりになったのが笑えた。
初めてその芸を観た玉川奈々福、声良し、節良し、センス良し。気に入った。

「不幸者」
川柳師の会なのであまり目立ってもいけず、マクラの後ネタに入るとしたらこのネタしかなかった。
川柳師は打ち上げでも絶好調。
長生きしそうだねェ。
  1. 2017/03/23(木) 22:12:01|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

17年3月22日

久し振りに新文芸坐に行き、松方弘樹特集2本立。

「明治暗黒街」
以前から見たくてたまらなかった未見の工藤栄一作品。
松方弘樹のアメリカ帰りの刑事が、おとり捜査でやくざになって軍用金盗難事件の謎に迫る。
やくざ映画創成期の作品で月形竜之介・近衛十四郎等時代劇スターが出ているのが懐かしい。

「不良街」
市川雷蔵の死後、大映にレンタルされていた松方弘樹が東映にカムバックした第一作。
ヒロインが有吉ひとみというのが珍しい。
  1. 2017/03/22(水) 22:06:50|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

17年3月21日

朝食をさっさとすませ7:07浜松行から青春18きっぷの旅スタート。
浜松・静岡・三島・熱海と乗継いで15:00前に上野着。
そのまま家に帰る。
  1. 2017/03/21(火) 22:57:56|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

17年3月20日

朝食抜きでホテルを出て6:25から青春18きっぷの旅スタート。
広島・糸崎・岡山・相生・姫路・野洲と乗継いで4:30前に米原着。
東横インにチェックイン。

フラワーC
ここはファンディーナの力が抜けてると単複を買えば、2番手から4角手前で先頭に立ってイヤになる程強い勝ち方。
おめでとうございます。
  1. 2017/03/20(月) 22:43:50|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

17年3月19日

7:46の小倉行で青春18きっぷの旅スタート。
小倉で途中下車し小倉競馬場で今日・明日の馬券を買い旅の続き。
下関・新山口と乗継いで今日は諸事情あって徳山の東横インに泊る。

阪神大賞典
日本最強馬サトノダイヤモンドが出て来た。
G2のここは負けられない。
単勝、後方から直線あっさりと指し切って見事に1着。
  1. 2017/03/19(日) 22:38:51|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

17年3月18日

「3月のライオン」 (Tジョイシネマ博多)
大友啓史の映画はコケおどしできらいだったが、今回はマトモに天才少年棋士と周囲の人々のドラマをしっかり描いて好感が持てる。
有村架純の悪女振りにゾクゾクきた。
染谷将太の肥満児も見事!


夜はももちパレスで毒演会。
入りがイマイチだったのは夜にやったせいか。

「イメクラ五人廻し」
マクラをたっぷり振ってネタに入る。
5人目、籠池理事長が登場するとそれまで以上の大爆笑、旬のネタは強いね。

「ブラ坊の厩火事」
名古屋ではあまり受けなかったので、今月はマクラでブラ坊とユキちゃんの人柄をこれでもかとばかり説明したらよく受けた。

「明烏」
完全に手の内に入った。
「イメクラ5人廻し」とこのネタ、もっと全国でやりたいなァ。
  1. 2017/03/18(土) 22:29:35|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

17年3月17日

「白昼の決闘」(シネマヴェーラ渋谷)
熱血記者・池部良と彼がつかんだ特ダネを汚い手段で盗む記者・田崎潤との争いを描く物語で佐伯清監督作品。

終わってパンチョでハンバーグミートソースを食べていたら、やっと歯がポロっと抜けた。
あー良かった。

羽田16:40の山口宇部空港行に乗り、空港前のJR宇部線草江から青春18きっぷの旅、新山口・下関・小倉と乗継いで博多へ。
定宿の東横イン博多口駅前に11:00前にチェックイン。
  1. 2017/03/17(金) 22:21:59|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

17年3月16日

 最初の予定では一昨日の高知競馬から土曜の博多の毒演会まで、青春18きっぷで西日本をゆっくり旅する予定だったが、ラピュタ阿佐ヶ谷で未見の映画を上映しているので、それを見る為に飛行機で帰って来たのだ。

「母と子」(ラピュタ阿佐ヶ谷)
鰐淵晴子の17才の娘が社会探訪の為、銀座のバーに行けば、そこのママ・月丘夢路は死んだと聞かされていた実の母だった。
鰐淵は母と父・佐分利信を逢わせるが、という物語。
あまり面白くなし。

この映画を見てすぐ青春18きっぷで博多へ向かう予定だったが、ついでに今日・明日シネマヴェーラ渋谷に行きたいので、博多行きもまた明日の飛行機にした。
つー事でシネマヴェーラで2本立て。

「蛇精の淫」
「蛇性の婬」なら谷崎潤一郎だが、こちらはバチモンで、白蛇が浅見比呂志の貧乏な山の部落民の男に掘れ、庄屋の娘・小畑絹子に取りついて愛し合うという新東宝らしいエログロ映画。

「海女の化物屋敷」
ある漁村に起きた幽霊騒動を三原葉子とその恋人の刑事・菅原文太が解決するこちらも新東宝らしいエログロ映画。
  1. 2017/03/16(木) 22:06:17|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

17年3月15日

浅野トラベルと泊ったNo.1ホテルの屋上露天風呂は高知城が正面に見えて絶景でした。

11:45のJALで羽田へ。
家に帰って夜は船橋競馬場でダイオライト記念生観戦。

ダイオライト記念
クリソライトの単複を買う。
武豊は2番手から3・4角中間に立ち6馬身差の大楽勝で気分良し。
昨日の損を少しだけ取り戻した。
  1. 2017/03/15(水) 23:36:55|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

17年3月14日

左上の歯がグラグラして抜けそうで抜けない。
それが為にしゃべりにくいし食べにくい。

早く抜けてくれればいいのに…。

8:27の琴平行で青春18きっぷの旅スタート。
阿波池田で2時間待ちして14:07高知着。
ただバスで高知競馬場へ。

黒船賞
前走府中のG1フェブラリーSで5着のニシケンモノノフ、高知なら負けられないだろうと単勝勝負。
横山典弘騎手先頭で1周目ゴール前を通過した時は勝利を確信したのだが早めに競られて直線失速して5着。
ダートは新旧交代が激しいなァ…。


競馬終了後は高知競馬場の橋口アナ、テレ東の矢野アナ、浅野トラベルと一杯も、歯がグラグラして、トホホ。
  1. 2017/03/14(火) 23:30:53|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

17年3月13日

今回の旅の最終目的地は明日の高知競馬場。

今日は移動日で新今宮から青春18きっぷの旅スタート。
大阪・姫路・相生・岡山・坂出と乗継いで宇多津へ。
定宿のサンルート瀬戸大橋にチェックイン。
  1. 2017/03/13(月) 23:27:39|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

17年3月12日

千日亭での毒演会。
大阪の会にはもう来ない、ブラックのは東京の方が面白いと宣言したジャマ崎先生が何故かやって来た。

「大工調べ」
ユメスケ師からタンカを切らせたら日本一と折紙付きのあっしだが、このネタのタンカは巧く切れない。
今日もダメでした。残念!

「イメクラ五人廻し」
今日で二演目だがもはや安定の出来になった。l

「味噌蔵」
寒い時期に一度は口演しておかないとね。

「明烏」
相当出来てきました。
このネタのどこを残してどこが無駄か、ようやっとわかってきました。
  1. 2017/03/12(日) 23:21:59|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

17年3月11日

お馬のおやこでお毒演会、お客さんの入りはまあまあも土曜にやると岐阜の河村さんや美人ソムリエが来てくれないのが寂しい。

「イメクラ五人廻し」
5人目の客を立川キウイやカトジュンではなく森友学園の籠池理事長にした新バージョン。
よく受けた。
このネタを磨いていこう。

「ブラ坊の厩火事」
東京と違ってお客さんがブラ坊夫婦のキャラクターをよく知らないので、演っていてアウェー感。
ここが楽屋ネタのつらいところだ。

「明烏」
さすがに二席目でグンと良くなった。
このネタも大阪・博多と演じて更に磨こう。


阪神スプリングJ
障害界でNo.1のオジュウチョウサンの今年の初出走。
他馬とは力が違い過ぎるから負けるところは考えられない。単一本。
好位3番手から直線差して勝つもあまり2着を離さなかったのが不満。
次走中山グランドジャンプではぶっちぎってネ!

金鯱賞
開幕週の中京競馬場には圧倒的に先行優位。
そこへ追い込み馬のルージュバックが1番枠は不利なのは承知だが、贔屓だから仕方がない。
ルージュバックの単複を買ったらさすがに戸崎圭太騎手、今日は好位からの競馬で勝ったと思ったのだが肝心の直線でまるで伸びず8着でした。
  1. 2017/03/11(土) 23:21:41|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

17年3月10日

「明治天皇と日露大戦争」(シネマヴェーラ渋谷)
国民的大ヒットした新東宝映画。
嵐寛寿郎の明治天皇がカッコ良く、一世代の名演技。
しかし内容は、日本兵は天皇陛下の為に勇ましく死んでいき、ラストが靖国神社のアップって、日本会議の教科書のような映画。
そういえば日本会議が天皇の生前退位に反対なのは、この映画の明治天皇の「天皇に辞職はないぞ」にあるの?

映画の後は青春18きっぷので渋谷から品川・熱海・浜松・豊橋と乗継いで名古屋へ。
いつもの東横イン桜通口新館に泊る。
  1. 2017/03/10(金) 23:04:52|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

17年3月9日

シネマヴェーラ渋谷で二本立て

「日本敗れず」
8月15日の終戦を巡りそれに反対してクーデターを起こそうとする青年将校たちと政府の人たちのドラマ。
そういえば東映でも「日本の一番長い日」の前に「8月15日の動乱」て映画をお盆に上映していたのを思い出した。

「若侍様捕物帖・呪いの人形師」の2作目
1作目は凶悪な殺人鬼の正体が人の良い用心の柳家金語楼で驚いたが、今回はすぐに犯人が分かってしまう。
後に東映で大川橋蔵が演じた若様は将軍の親族だが、こちらは町奉行の息子でした。
  1. 2017/03/09(木) 19:18:57|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

17年3月8日

「愚行緑」(丸の内ピカデリー)
妻夫木聡の週刊誌記者が一年前に起きた一家皆殺し事件の謎を追い、とんでもない真相が暴かれるというミステリー。
登場人物全員が愚かで愚かな選択しかしない。
そして救いようのないラストに驚かされる。
凄い映画だし満島ひかりは巧いとは思うが好きな映画ではない。


午後はシネマヴェーラ渋谷で二本立て
「若い人たち」
銀行労組がスポンサーで、銀行の女性従業員が会社の女性差別に負けず働く姿を描く物語で乙羽信子主演。
金子信雄が女性を守って会社と戦う熱血サラリーマン役。

「東京ロマンス」
森雅之と轟夕起子のラブコメディ。
潮下太郎の酔っぱらい役の怪演していて面白い。
  1. 2017/03/08(水) 19:17:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

16年3月7日

まずはシネマヴェーラ渋谷で二本立て

「天国はどこだ」
やくざに支配されている貧乏部落をやくざから解放しようと新任の医師、沼田曜一が戦う物語。
400勝投手金田正一が特別出演。

「群盗南蛮舟」
昭和25年、菊五郎劇団ユニット出演の時代劇。
尾上梅幸、松緑、九郎左衛門に、後に市村羽左衛門になる坂東彦三郎、後に三代目左団次になる市川男女蔵、それに大川橋蔵も出演していて歌舞伎ファンとしてうれしい映画。

それから歌舞伎座夜の部へ

「引窓」
幸田郎の南与兵衛。
吉右衛門のようにセリフを唄わないがその分役の性根をつかんで巧演。

「女五右衛門」
南禅寺山門五三桐を石川五右衛門ではなく五右衛門の妻としてやる10分間のセレモニーで藤十郎と仁左衛門。
夜の部で仁左衛門がこれだけというのはもったいない。
  1. 2017/03/07(火) 19:15:10|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

16年3月6日

確定申告をすませて歌舞伎座昼の部へ

「明君行状記」
真山青果の新歌舞伎を梅玉、亀三郎で。
この芝居は16年ぶり、二度目だが真山青果のメッセージがまるで伝わってこないのは、いつも明君・池田光政を演じるのが梅玉だからだろう。
他の役者で見せてくれ。

「義経千本桜・碇知盛」
二左衛門の知盛は大物浦になってからがグンと良く当代一。
弥十郎の弁慶に点が入る。
時蔵の典侍の局、梅玉の義経は安定の出来。
市川右近の安徳帝が女の子に見えるのがすごい。
こんなにしっかり演技している子役は初めて。
末恐ろしい。
  1. 2017/03/06(月) 19:13:05|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

17年3月5日

「彼らが本気で編むときは」 丸の内ピカデリー
萩上直子監督は好きだが、今回は駄目。

育児放棄された少女と、性同一性障害者との心の交流って、あっしには縁が無さ過ぎてまるでピンと来ない。
それに桐谷健太と生田斗真のホモカップルの家に少女が同居したら二人のSEXはどうなるのかがまるで描かれていないのはきれい事過ぎる。

「怒り」で妻夫木聡と綾野剛のホモシーンを見た後なので特にそう想う。
  1. 2017/03/05(日) 22:40:56|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

17年3月4日

神保町らくごカフェでの会、今日も大入り。

開口一番のブラ坊が12才年上の彼女、ユキちゃんとのトラブルをマクラに語り、左談次が「ガン病棟の人々」ではなく「厩火事」を演ったなら、あっしのネタはこれしかない。

「ブラ坊の厩火事」
今日現在進行形のブラ坊と彼女をリアルに描いた。
左談次と同じネタを演って同じクスグリでしっかり笑いを取る。
あっしの力量を見せつけたね。

「お若伊之助」
二席目はマジメにやろうと大ネタを掛ける。
久し振りながらしっかりとした芸も、クライマックスでポルターガイストが出て来ずあやしくなったのが悔やまれる。
そこまで良かっただけに惜しい!


チューリップ賞
今年の三才牝馬はソウルスターリング、リスグラシュー、ミスエルテ、アドマイヤミヤビの4頭が抜けている。
そのうち2頭が出て来たのでソウルスターリング、リスグラシューの馬連&ワイドも、ソウルスターリングは中団から鋭くのビルもリスグラシュー前走程でなく3着で当って損でした。
  1. 2017/03/04(土) 22:28:42|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
前のページ 次のページ

二代目快楽亭ブラック

発売中

著作
『立川談志の正体: 愛憎相克的落語家師弟論』
¥1,680(税込)/彩流社
『歌舞伎はこう見ろ!―椿説歌舞伎観劇談義』
¥1,995(税込)/彩流社
『快楽亭ブラックの放送禁止落語大全2』(CD付)
¥1,800(税込)/洋泉社
『快楽亭ブラックの放送禁止落語大全』(CD付)
¥1,785(税込)/洋泉社
『借金2000万円返済記』
¥1,300(税込)/ブックマン社
『日本映画に愛の鞭とロウソクを―さらば愛しの名画座たち』
¥1,575(税込)/イーハトーヴ出版

DVDシリーズ
※各巻ともに価格は税込3,990円です。
『快楽亭ブラック 放禁王』 「全女番」「紀州飛脚」「文七ぶっとい」収録
『快楽亭ブラック 猥褻犯』 「山田洋次作・まむし」「人性劇場」「聖水番屋」収録
『快楽亭ブラック 大迷人』 「次の御用日」「権助魚」「英国密航」収録
『快楽亭ブラック 不敬罪』 「オナニー指南」「オマン公社」「イメクラ五人廻し」収録
『快楽亭ブラック 非国民』 「道具屋・松竹篇」「紀子ほめ」「マラなし芳一」収録
『快楽亭ブラック 破廉恥』 「川柳の芝浜」「カラオケ寄席」「一発のオ○ンコ」収録
『快楽亭ブラック 大変態』 「蛙茶番」「野ざらし」「SM幇間腹」収録
『快楽亭ブラック 不発弾』 「お血脈」「たがや」「反対俥」収録
『快楽亭ブラック 交尾期』 「目黒の秋刀魚」「怪獣忠臣蔵」「タイムヌードル」収録
『快楽亭ブラック 埋蔵金』 「せむし茶屋」「朝鮮人の恩返し」「川柳川柳のジャズ息子」「演歌息子」収録

■CD全集シリーズ
ブラック落語全集「借金男」(1~10)、「下ネタ」(1~4)、「毒落語」(1~)など、各シリーズ絶賛発売中です!

【お取り扱い】
・ブラック公演会場
ミュージックテイト西新宿店
浅草ヨーロー堂
・横浜ジョイナス新星堂
タワーレコード渋谷店
池袋東武百貨店内CDショップ五番街市原栄光堂(京都)
神田神保町 タクト など

ブログ検索

プロフィール

関連リンク

最近のトラックバック

お問い合わせ